Fandom


ヘルマウスのコンセプトアート

ヘルマウスのコンセプトアート。

ファイル:New Destiny Moon Gameplay - Hellmouth!

ヘルマウス (Hellmouth) とは、にある、巨大な地下要塞。月面の地下を深く掘り抜かれたヘルマウスはハイヴが建設した。そしてハイヴはこのヘルマウスに住んでいる。[1][2][3]

ヘルマウスには、クロタの聖堂アーチャーズ・ライン光の大地につながるトンネルがある。[4]

ヘルマウスとは何か 編集

ヘルマウスはハイヴの要塞であり、ヘルマウスで「もっとも恐ろしい居住者」の監禁に使われている中央に衝突している巨大な鎖を特徴とするその内部は広くて暗い大洞窟のような空間である。[1] ベータ版では、ガーディアンは月を探索してヘルマウスに訪れることができ、固有のミッションが数件ほどある。

デザインとインスピレーション 編集

ヘルマウスは、Reveal Press ConferenceReveal Trailerに登場したコンセプトアートと簡潔な言及つきで公開された最初のロケーションのひとつであった。[3] BungieGDC 2013 Panelジョー・ステーテンは、ヘルマウスには地面の下に「闇の軍隊が征服と堕落を夢見る」秘密の要塞がある。

Bungie のリード・エンバイロメント・アーティストサム・ジョーンズは、ヘルマウスは「ひとつの機能のみ──プレイヤーが中にある物を求めるようなもの」があるという。[1] ハイヴの建築様式は大抵、「スケール、脅威、過度な異質さのない重たい異国風のタッチのセンスを強調」するよう意図して作られているので、ヘルマウスは「これらの主義を取り、巨大なスケールにまで拡大させている」。[1] 初期のヘルマウスのコンセプトアートは、「ハイヴにふさわしいテーマ: ミステリー、暗黒、悪、力、軍国主義」を伝えることを目的としていた。[1][5]

トリビア 編集

  • この記事にあるヘルマウスのコンセプトアートは月のアートが作られた非常に初期のアートのアセット (資源) であった。そしてその後に続くすべての月のアセットの出発点として使われた。[1]
  • 実在する月では、竪穴が、2009年10月に宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の月探査機かぐや」の撮影画像から、嵐の大洋西部にあるマリウスの丘に、地下の溶岩トンネルに通じる縦穴 (マリウスヒルズホール) が世界で初めて発見された。この縦穴は、直径65m、深さ約80~90mの垂直な穴であり、穴底部分は横幅370m、内高20~30mの溶岩トンネルになっているという。この竪穴がヘルマウスの原型となった可能性がある。


ギャラリー 編集

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 Dague, David。 (2013-10-4) 『Bungie Weekly Update, October 4, 2013』。 Bungie Inc.。 4 Oct. 2013に閲覧。
  2. (2013-10-1) YouTube.comOfficial Destiny Gameplay Trailer: The Moon  1 Oct. 2013に閲覧。
  3. 3.0 3.1 McCaffrey, Ryan。 (2013) 『IGN Destiny Quick FAQ』。 IGN。 18 February 2013に閲覧。
  4. Bungie (2014) Destiny Public Beta PlayStation 4, Activision Blizzard.
  5. (2013-10-25) Bungie.netThe Bungie Podcast, October 25, 2013 13:40。  5 Nov. 2013に閲覧。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。