Fandom


ブラックガーデンのコンセプトアート

ブラックガーデンのコンセプトアート。

ブラックガーデン (Black Garden) とは、未知の惑星または衛星にあるロケーション[1] Bungie の ViDoc で初めて登場した。2014年9月16日現在は、その場所は『Destiny』v1.0.1で最後のストーリーミッションに位置する。

ブラックガーデンは火星のポータルを通じて入ることができる。ゲートキーマーの目を通してのみアクセスできる。植物相や動物相は金星にあるものとは違うものからなる。ベックスゴブリンが道の根とつるを不吉な落葉落枝で塞ぎ、生物にむかって飛びつく。

ベックスの抵抗は重厚でありそれには正当な理由がある。謎のエクソはブラックガーデンはベックスが大量生産された領域だと述べ、それが人類の破滅の原因だと主張している。初めて上陸すると、ゴーストが、プレイヤーが別の次元に入ったようだという兆候を示し、彼はこの世界でプレイヤーの正確な位置を特定できない。

ソース 編集

  1. McCaffrey, Ryan。 (2013) 『Bungie's Destiny: A Land of Hope and Dreams』。 IGN。 24 July 2013に閲覧。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。